電信解読ソフト DSCW用USBアダプター回り込み対策
2015/09/07 
 


いつもの様に早朝電信を運用中、3.5にQSYとの依頼があり、アンテナを3.5に切り替えて電顕を叩いた瞬間、送信しっぱなしとなり交信不能

早速対策を始めた
 
今朝は7メガ5Wでも同様の現象が発生、ケーブルの引回しも関係している様だ
 
RFの回り込みが原因と予測し先ずはどこに回りこんでいるのかを確認
最近数多く追加したUSBが怪しいとUSBを全て抜き去り、1つずつ挿入しながら回り込んでいる場所を探してゆく
その結果
先日自作して追加したDSCW用のUSBアダプターのフォトカップラー(出力側)に回り込んでいることが判明
対策として対象ケーブルにフェライトコアを巻きつける方法と、フォトカッルラー出力にRFのパスコンを取り付ける方法がある
ケーブルの引回しも関係している様なので 今回は確実な方法を選択しフォトカッルラー出力にRFのパスコンを取り付ける事にした
さらに必要であればコアーの取り付けも考える
 
RF対策としてコンデンサパスコンー追加
手持ちの部品箱から有ったものを適当に選択しコネクタケースの中に収めた


早速接続して送信実験
5Wでも回り込みが発生していたのが出力500Wでも誤動作しない事を確認


気持ちよく電鍵が叩けます

ご苦労さまでした



アマチュア無線JE1IHCその他に戻る

アマチュア無線JE1IHCに戻る



Sekine   Masahiro
All  Right  Reserved