電源電圧を間違えて壊してしまったカーナビ
2台修理しました

2016/11/02

1年程前にカーナビに目的地をセットしようとして誤って12Vを印加し壊してしまいました
翌日に遠乗りを控え、焦っていたのでそれに気が付かず予備のカーナビにも同様に12Vを印加してしまい
結局2台のカーナビを壊してしまいました
その後修理に挑戦しましたが手に負えないと判断し新しくカーナビを購入しました

何処に何があるのか全く分からないので諦めていたが・・・



サムソンのリチュームイオン電池発火事故がきっかけ???
昨日寝床に入った時何故か閃きました
12Vを印加したためリチュームイオン充回路が故障しているのではないか?
確か2台目は壊れた事にも気が付かず翌日の遠乗りに持って行き、途中で動作しなくなった事を思い出しました
と言うことはバッテリーが無くなるまで動作していた
バッテリー以降の回路は生きて居る、バッテリーに直接電源を印加して見ようと・・・


リチュームイオン電池の充電は管理が難しく適当な修理をすると危険な事が分かり
直接バッテリーに電圧を印加する訳には行かない
リチュームイオン電池の接続を切断し直接基板に電源を印加してみると問題なく動作
、やはり故障原因はバッテリー充電コントロールICの破壊が濃厚だ




ネットでバッテリー充電コントロールICを検索して見たが該当型番は見つからず半田付け部分も確認出来ず修理は難しい



修理開始


リチュームイオン電池を切り離し電源コネクターと基板を充電コントロール回路をジャンプして直接接続
コネクタ部分はパターンピッチが細かく半田付けに苦労したが老眼鏡を掛けて何とか完了



動作確認している内に リード線が古い事が気になり交換しようと+側を外したら−接続のみで動作する事が判明
どうやらバッテリー充電コントロールICの−側が壊れているらしい
そこでコネクタとアースを最短距離で接続し問題なく動作する事を確認


元通り裏蓋を取り付けて修理完了
問題なく動作しています





バッテリーを切り離したので持ち歩いての使用は出来なくなったがオートバイ専用として使用するので特に問題は無い
遠乗り中の休憩時など一時的に電源を切断した場合ルート案内や予め設定しておいた目的地等が消えてしまうのではないかと心配したが
電源を切ってもデーターが消えないことを確認した
(Static RAMを使用している様だ)



気をよくして二代台目の修理開始

構造が見える1台目を経験しバッテリーの位置など概ねレイアウト等が予測出来たので引き続き2台目修理を開始
こちらもリチュームイオンバッテリー充電コントロールICが故障していると判断し、1台目と同様に仮接続して見ると問題なく動作した
但しこちらはマイナスリード1本では解決せず、プラスマイナス両方を基板から接続リードを引き出して修理
(リチュームイオンバッテリー充電コントロールIC内で電源入力側がショートしている)


ほぼ予想通りの場所にリチュームイオン電池を発見


基板からリチュームイオン電池を切り離し、基板に直接電源用のケーブルを半田付けし外部へ引き出す



裏蓋を「取り付け動作確認、問題なし
こちらも修理完了です



2台とも復活しました 捨てなくて良かったね




バイクやって見たへ戻る

JE1IHCホームページトップにジャンプ


Sekine Masahiro
All Right Reserved